浸透性があるか

笑顔のうつぶせ女性

シミやくすみのない透明感のある綺麗な肌は女性にとって憧れでもあります。
そのような美しさを手に入れるためには、美白化粧品でケアしていくのが有効です。
美白化粧品は主にシミの元であるメラニン色素の生成を抑えて、新しいシミを作らせないものがほとんどです。
新たなシミを作らせないことにより、肌のコンディションを整えていけば、今あるシミがターンオーバーと共に垢として剥がれ落ちて、薄くなってくれます。
また、ビタミンC誘導体やハイドロキノンには、今あるシミを薄くする還元作用があるため、シミ改善には大きく役立ちます。
このように、美白成分によってはシミを予防するだけ、予防した上で薄くしてくれるものがあるので、自分の求める効果がある成分が配合されているかどうかが重要です。

シミを予防する働きがある美白化粧品には、大まかに二つのタイプがあります。
まずは、メラニンが作られる過程をブロックして、シミを作らせないというタイプのものがあります。
紫外線を浴びるとメラノサイトという細胞が活性化して、チロシンという物質が作られ、これにチロシナーゼという酵素が働きかけるとメラニンへと変換されます。
このチロシナーゼの働きをブロックして、メラニンを作らせない働きをしています。
もうひとつが、紫外線を浴びると伝達物質がメラノサイトに命令を出して、メラニンが作られます。
この伝達物質の働きを阻止することで、メラノサイトに指令が伝わらないようにする効果を持っています。
どちらもメラニンを作らせないという効果は同じですが、その過程が違っています。